Calender

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

漫画とアニメ

奇才・永井豪|懐かしい昭和の備忘録

今日は、マンガ家永井豪さんのお話しです。

 

いわゆる“漫画の神様”と言えば、誰もが手塚治虫と答えるでしょう。神様だから、私が優先的に回想するまでもありません。多くの熱狂的なファンの方々が、事細かに叙述されているはずだからです。

 

私が愛してやまないのは、天才・梶原一騎と、奇才・永井豪さんです。まずは、少年の私が大いに妄想を掻き立てられた奇才の作品から、じっくり思い出してみることにしました。

 

私と同年代の皆さんが、永井豪と聞いて真っ先に思い浮かべるのは、やはり「マジンガーZ」に「デビルマン」ではないでしょうか。アニメ化された物は別として、共に完成度の高い、非常に挑戦的な作品でもありました。後のロボットマンガやダーティーヒーローマンガに、多大なインスパイアと方程式を与えたことは間違いありません。

 

マジンガーZの最大の魅力は、「ロケットパンチ」に代表される奇想天外な攻撃力もそうですが、何と言っても主人公の兜甲児が「実際に巨大ロボットに乗り込んで操縦する」と言う、危険と表裏一体のダイナミックな戦い方に凝縮されていたと思います。鉄人28号の様に「少年が安全な場所からリモコンで操作する」設定には、どこかリアリティに欠ける素朴な疑問があったのかも知れません。平和利用を目的に開発された鉄人とは異なって、兜甲児の祖父でマジンガーZを作った兜十蔵博士は、物語の冒頭で愛する孫の甲児にこう言い放ちます。「お前は、神にも悪魔にもなれる。」と。絶対的な力に憧れる少年たちが、魔人の破壊力に強く魅せられたのは語るまでもありません。あえて空を飛べる能力を加えなかったのは、これも又、過去のロボット物の踏襲を避けたかったからではないでしょうか。

 

さらなる魅力が、個性派揃いの悪役たちでした。阿修羅男爵を覚えていますか。半身が女性の、ドクター・ヘルの右腕です。ヘルの作り出す機械獣を操って、あの手この手でマジンガーZに戦いを挑んでは敗れていました。しかし、その斬新なキャラが、主人公を引き立てて余りある存在となって行ったのも事実です。今であれば、スピンオフのヒールとして、単発のアニメが企画されていたかも知れませんね。それほどに、愛すべき悪役だったのです。

 

少年を夢中にさせたのは、巨大ロボットの派手なバトルばかりではありません。光子力研究所の所長・弓教授の愛娘、弓さやかの登場です。実に挑発的な、幼い子供たちをドキドキさせるような色気のある女性キャラとして原作では描かれています。ヒーローと微妙な恋愛関係になるヒロインが、少年マンで明確な位置を占めたのも初めてだったのではないでしょうか。

 

永井豪さんと言えば、彼を世に送り出した傑作「ハレンチ学園」を忘れることはできません。この中に登場する柳生十兵衛と言う美少女も、やはり挑発的な色気のある男勝りの性格でした。当時の漫画としては、さまざまな性的表現のタブーにも挑戦しています。子供たちを虜にしてしまったセクシャルな女性像が、弓さやかを始め、多くのヒロインたちをより魅力的に輝かせて行ったのです。それは、弓さやかの操る巨大ロボット、アフロダイAにまで受け継がれていました。あのボインミサイルの発想は、後にも先にも永井豪さんをおいて他の誰にも思い付かなかった衝撃的なものだったのです。

 

思っていた通り、永井豪さんのマンがを一度に語り尽すことは出来ません。あの不世出の名作「デビルマン」については、次回、じっくりと思い出してみたいと思います。

 

 

  • 2016.01.09 Saturday
  • 19:52

Comment
Send Comment