Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

映画

ガメラ対ゴジラ|懐かしい昭和の備忘録

お正月と言えば、映画。今年も話題作や超大作、ファンが待ち望んだシリーズの続編などが目白押しです。007にスターウォーズ、何と胸をときめかせてくれるのでしょう。やはり、映画は映画館の大きなスクリーンで、他の観客たちと一体となって楽しむべき参加型エンターテイメントかも知れません。あの頃の、物語の終盤から立ち見までして席が空くのを待った、映画館を埋め尽くすファンの熱気が思い出されます。

 

昭和のお正月は、「寅さん」と「マンガ祭り」でした。なぜか売店で“都こんぶ”を買うのが、我が家の慣わしだったように記憶しています。あの旨味と酸っぱさが子供ながらに魅了されていたに違いありません。

 

「ガメラ金星〜♪」で始まる「大怪獣ガメラ」と、独特なオーケストラサウンドで登場する「ゴジラ」とが、昭和の子供たちには忘れることのない特撮映画だったのではないでしょうか。そうですね。可愛い高田美和さんの可憐な涙で大暴れする「大魔神」も、当時の特撮技術としては目を見張るものがありました。穏やかな顔をした埴輪が、阿修羅の面妖に変るシーンが鮮明に浮かんで来ます。時代劇だったのも、幅広いファンに愛された理由でした。

 

ガメラはヒーロー。ゴジラはヒールです。あなたは、どっち派でしたか。

 

私は、チャキチャキのガメラ派です。特に当時のガメラの場合、宇宙がテーマの一つだった事も大きな魅力でした。次第に幼い子向けの“おもしろキャラ”へと変貌して行ったゴジラとは違って、死力を尽くして命懸けで戦うガメラは、どこか物悲しく、孤高のヒーローとして大空に舞い上がって行きました。その“ガメラらしさ”に、小さな胸を熱くしたのを覚えています。

 

巨大なイカ(バイラス星人)や包丁の化け物(ギロン)との対決も印象的でしたが、やはり宿敵ギャオスは悪役としても群を抜いていました。多くの方がプラモデルを組み立てたのではないでしょうか。ガメラはそれほど強くありません。だから精一杯に戦うのです。絶対的に子供の味方で、とても心優しくて、僕もあの甲羅に乗って空を飛んでみたい、そう憧れた怪獣でもありました。確かギャオスの最期は、名古屋の栄、中日ビル屋上の回転レストランだったと思います。大きな器で好物の血液(?)をすすらせ、回転を利用して飛べなくする。そこへ大敵の陽射しが昇って来ると言う結末ではなかったでしょうか。ガメラに食い千切られた足の指が、日光を浴びて縮んで行くのに少年が気付いたのがきっかけでした。

 

そう言えばギロンと対決する映画に、銀色の宇宙ギャオスが登場しています。何故か昼間でも活動していて、あっさりとギロンに輪切りにされてしまいます。複数のギャオスが、宇宙人に支配されていた。そう記憶しています。平成に復活したガメラでも、凶悪な敵として二度も映画に登場しました。敵が強ければ強いほど、立ち向かって行くガメラの姿に魅せられます。“封印”することにどんな意味があるのか分かりませんが、日本のお家芸とも言うべきアナログな特撮技術に磨きをかけて、さらなる夢と勇気を、いつまでも子供たちに届けて欲しいと願います。子供は、感動の中から真の優しさを学ぶのではないでしょうか。

 

モスラのファンの皆さん、忘れてませんよ。また別の記事で“偉大なる蛾”のお話しをしたいと思います。さあ、今年もたくさんの感動に出合いましょう。2016年の幕開けです。

 
 

  • 2016.01.01 Friday
  • 14:43

Comment
Send Comment